お問合せ方法/プロフィールなど

Web瑞雲庵、瑞雲信人について

ご訪問くださりありがとうございます。ご縁に感謝申し上げます。このサイト、Web瑞雲庵のあるじ、瑞雲信人(ずいうんしんじん)です。

瑞雲は、私を僧侶にしてくださり修行させてくださった曹洞宗元管長の板橋興宗禅師にいただいた名です。めでたいこと、良いことの起きる兆しとして現われる雲のことで、このWeb瑞雲庵はご訪問くださる方々にとってそうなれるようにと運営しています。

Web瑞雲庵の内容

皆さんが、苦悩から抜け出すこと、安心・幸福に暮らせることをご支援したいと、仏教のことなどのブログ記事を投稿したり、ご相談にのらせていただいたり、オンラインの瞑想の講座や坐禅・瞑想会を開催したりなどしています。

一つずつどんなことかご説明させていただきます。

仏教のことのブログ記事

「仏教」と聞くと「宗教」だから近寄りたくないと反応する人もおられます。日本は特にオーム真理教の事件などもあったことからそうですが、無理もないことと思います。

さて、もともとのお釈迦様の教えの仏教は、何か特別な人や事を「信仰しなければならない」「信じなければならない」という、いわゆる宗教の仏教と違い、「権威ある人の言ったことでも盲信しない」「自分で確かめ正しいと思ったことを信じなさい」などの特徴をもっています。

とても理性的・現実的で、苦しむことなく生きていかれることを目的に説かれた具体的な心の持ち方やあり方、方法です。わかりやすくと言うと生き方の具体的・現実的なハウツウ、ノウハウ。

そして人が苦しむことになる理由や原因は今も昔も本質的には同じですから、根源的なその理由や原因と解決法を悟ったお釈迦様の教えのハウツウ、ノウハウは、現代に生きる私たちにもとても役立ちます。このブログはそういう仏教を投稿しています。

また、難しい漢文の経典などを哲学・思想の学問のように解釈するようなこともしません。そういうこともお釈迦様はなさらなかったからです。お釈迦様はどんな人にもわかる言葉でわかりやすく説きつづけた人でしたので、私もそのようにありたいと考えています。

シリーズで皆さんと一緒に仏教を学んでいく記事や私の敬愛する良寛さんの逸話なども紹介させていただいています。

生きるヒントのブログ記事

仏教のことも含まれていることがありますが、私はこれまで紆余曲折の人生経験もあり、過去からのことが原因になっていることを解決するカウンセリングと、将来に向けて今を改善・解決して良くなるうコーチングの両方もできたりしますので、そういうことなどを活かして、生きる勇気や上手に生きるためのノウハウとなることを投稿しています。

コラムのブログ記事

私が、世の中で起きていることについてや、ふと思ったことを投稿させていただいています。

マインドフルネスのブログ記事

マインドフルネスと言うと流行もので怪しいもの、不確かなものと思う人もおられます。確かに流行に乗って、そういう状態にも今の日本はなってしまっている面があります。

でも「マインドフルネス」という言葉は、もともと仏教のお釈迦様の最重要な教えの八正道(はっしょうどう)の一つの正念(しょうねん)のことが英訳されたものです。

1960年代には、ベトナム人の臨済宗の僧侶であるティク・ナット・ハン師が「マインドフルネス」を中核にしてアメリカで仏教の普及をはじめ、それが現代のマインドフルネスの流行のはじまり一つでもあります。

「マインドフルネス」抜きに、その瞑想法抜きではお釈迦様のハウツウ、ノウハウは片手落ちになってしまい重要です。私はそういうことからマインドフルネスの瞑想の本場のミャンマーにも行って修行してきました。

そして、仏教のマインドフルネス瞑想や、そのやり方のきちんと入った正しい現代のマインドフルネス瞑想は、人が根底から救われるものですので、多くの人が正しくできるようになってほしいと、特に専用のサイトを運営しています。ブログの記事はそちらのサイトになります。このサイトから行かれるようにしてあります。

悩みごとのご相談

先ほど「生きるヒントのブログ」のところでもふれましたが、私は今は禅僧ですが、57歳で禅僧になるまでに一般世間の荒波の中で生き、紆余曲折の人生経験があり、カウンセリングやコーチングの相談手法もできます。

豊富なビジネス経験によるノウハウもあり、人間関係やメンタルヘルスなどの研修講師をしていたこともあるので、そういうスキルも知っています。

こういう私を活かして、悩みの相談にのらせていただいています。一般的な人生相談は、料金は自由布施制です。カウンセリングやコーチング等々をフルに活かした、ある程度、継続的な支援の場合は定額の料金制にさせいただいています。

瞑想の指導、瞑想会の開催

猫の油絵を描かせていただいています

私、瑞雲信人のこと

仏教の僧に大事な在り方の「四弘誓願(しくせいがん)」の「衆生無辺誓願度、煩悩無尽誓願断、法門無量誓願学、仏道無上誓願成」を常に指針としています。

慈悲の瞑想を毎日して次の文を唱えています。

  • 生きとし生けるものが幸せでありますように
  • 生きとし生けるものが苦しみから解放されますように
  • 生きとし生けるものが喜びに包まれますように
  • 生きとし生けるものが差別や偏りがない平静な心でいられますように
尊敬、敬愛している人
お釈迦様
板橋興宗禅師、良寛、盤珪、親鸞
キング牧師、ガンジー
聖フランチェスコ、マザー・テレサ
良寛

良寛さん

略歴
  • 慶応義塾大学法学部法律学科卒業
  • 就職。TSUTAYAを全国展開化させるなどの事業開発や業務改善、経営戦略を担当
  • 独立起業、小売チェーン、飲食の様々な業態の店舗を開発して出店
  • 経営コンサルタント、人財開発研修講師、カウンセラー、コーチングコーチに転身
  • 政令都市幹部シティマネジャーに転身。業務改革、事業構築を担当。
  • 紆余曲折の人生経験ののち57歳で、曹洞宗元管長の板橋禅師の元で僧侶になり僧堂修行

  • 日本でブッダの瞑想のサマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想を習得
  • さらに本格的なヴィパッサナー瞑想を修行するためミャンマーへ
  • 帰国し、相談業務、本来のマインドフルネス瞑想の禅、サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想を習得できる講座を開講、ホームページを開設
  • 講座内容を充実させオンライン講座として提供を開始するとともにWeb瑞雲庵を開設
  • Web瑞雲庵をリニューアルし、ブログによる情報発信も開始
error: Content is protected !!