本来のマインドフルネス瞑想マスター講座Web版

受講者累計400人以上、満足度98%以上、「本来」のマインドフルネス瞑想を、本場で修行したプロから、いつでも学べるWebサイトと個別のサポート指導で、基礎から上級まで着実にマスターできます。

入門コース 399円 →

マインドフルネス瞑想は、ストレスの緩和やリラックスや集中ができるようになる、仕事などの生産性が高くなれるというような効果のものと考えられていることが多いと思います。

でも、本来のマインドフルネス瞑想て得られるのはそのレベルまでではありません。周囲や自分の思考・感情に巻き込まれず、いつも平安でいられて、より良く幸福に生きる技術・力です。本来のマインドフルネス瞑想は、着実にその技術・力を高く持てるものです。

マインドフルネス瞑想は流行して多くの人が取組むようになりましたが、効果をあまり得られていない人が多く、マインドフルネスの本来の本当の効果まで得られている人はごくわずかというのが実状です。

この講座は、そういう状況をとても残念に思い、そのようにならないように解決するものとして開発して、次の特長・メリットがあります。

確かなマインドフルネス瞑想を確かな指導力で習えます

流行のマインドフルネス瞑想は仏教の坐禅とヴィパッサナー瞑想を加工したもので、元祖マインドフルネス瞑想はヴィパッサナー瞑想だと知られるようになってきました。

瑞雲の代表、私、森信人は、坐禅を禅僧として修行して、それからヴィパッサナー瞑想を日本でまず習得して、より本格的・総合的なものを本場のミャンマーで本格的に修行しました。そして、近年の加工型のマインドフルネス瞑想も学びました。

多くの時間を取組み、多く希少な体験をして高い効果・成果を得て、マインドフルネス瞑想の指導をはじめました。2022年4月、指導した人は累計で400名を越えました。

希少なマインドフルネスの効果まで得たノウハウを学べます

例えばマインドフルネス瞑想は「怒りの感情になってもコントロールできる」ようになると言われます。大切なことです。でも、本当のマインドフルネスは「怒りの感情にならなくなる」までの効果があります。私はここまでの効果を得ています。

マインドフルネス瞑想を教えていてもこのレベルの効果まで達している人はまずいませんが、私はこうなれるレベルのノウハウで教えます。この講座であなたが教われるノウハウのレベルは一般とは違います。

高品質・ボリューム満点のWebサイトの教材

私が説明しているテキスト、動画、音声ガイドが受講用のWebサイトに収められているオンデマンド型というオンライン講座です。

マインドフルネス瞑想の講座、セミナーで他にはないていねいな内容、ボリュームの内容になっています。2022年4月時点でテキストページが145項目、動画47本、音声ガイドが9本あります。

場所・日時を限定されずに学べる

マインドフルネス瞑想をきちんとできるようになるには2カ月以上の継続的な学びが必要ですが、まとまった期間をつくること、定期的に日程をつくることは難しい、そうでなくても会社や家庭のことがあると時間をつくることは難しい場合があると思います。

この講座で、あなたは、期限なしで受講用のWebサイトで、マインドフルネス瞑想の最高レベルのプロのノウハウをいつでもどこでも学ぶことができます。

サポート指導もネットでメールやZoomで受けることができますから、パソコンやスマートホンやタブレット端末があってネットがつながれば、いつでもどこででも受講できます。

そうして、この講座は会社の通勤、休憩のとき、家事の合間、外出中の空き時間などなどに学んで、しっかりレベルを高くマインドフルネス瞑想をマスターできた人がたくさんいます。

詳しく細かく、そして本格的・高度な説明まで

修行もして多くの体験、高い効果を得た者、多くの人を指導してきた者ならではの説明で、本格的な知識まで得ることができます。

特に瞑想のしかたは、世間一般の説明は抽象的、簡易な場合が多いですが、一つ一つの瞑想方法ごとに、とても詳しく具体的に説明してあるので安心です。テキストと動画の両方で学べます。

上手くできない、効果を得られない場合まで熟知した説明になっています。

プロのていねいで的確な無期限のサポート指導つき

マインドフルネス瞑想は、取組むと人によって様々な疑問や課題、状態が現れます。それに適切な対応しなければ、上達することは難しく、危険もあります。私がミャンマーで修行した僧院は、僧院のトップクラスのサヤドーが週に3回、個別に面談をしてくださり進みました。

しかし、世間一般の教え方はそれがほとんどされていません。だから、きちんとできるようになれない人、効果を得られない人、危険な状態になって困ったままの人が多くいる状況になっています。

この講座で、あなたは期限なしで、メールやZoom、電話で私の個別のサポート指導を受けられて、取組み方のチェックをいつでも受けられて、質問や相談などもいつでもできます。

私は自分の多くの体験があり、多くの人を指導してきたノウハウもあります。さらにカウンセラーなどでもあるのでそういう面も生かしたサポートを受けられます。不眠症を改善したり心療内科に通わずに済むようになれて、マインドフルネスをマスターした人もいます。

マインドフルネスの力が着実に高くつく究極のプログラム

瞑想の力は一気にはつきません、しだいにつきます。武道などが基礎から順に高度なことに取組んでいくように取組む必要があります。

マインドフルネス瞑想は、力がつくために必要な瞑想方法に順にしっかり取組むことで、本当の効果は得られるようになれます。ですから、プログラム、カリキュラムが重要です。

この講座は、多くの有効な瞑想方法を合理的に段階的に配置したプログラムになっています。そのために必要な知識もしっかりと入っています。

マインドフルネス瞑想の合理的でていねいな8ステップ

後ほど詳細を紹介しますがボリュームがあり読むのは大変かもしれません。これほどていねいなプログラム、カリキュラムは他にないはずです。修行した体験、たくさんの人を指導した経験を生かしたものになっています。

瞑想が初めての人でも確実に高い瞑想の技術と力がつきます。知識も得られます。

とてもレベルを高くマインドフルネス瞑想をできるようになれて、マインドフルネスの本当の高い素晴らしい効果を得られるようになれます。

必要な知識・瞑想法はすべて入っています

世間一般では一部の瞑想方法、取組みが教えられている場合が多いですが、後でプログラムででもお話ししますが、それではマインドフルネスの力はほとんどつきません。マインドフルネス瞑想は体系的に様々な瞑想を取組んで力を高めていくものです。

特に質の高い集中の瞑想と気づきの瞑想それぞれに取組むことが重要ですが、この講座はそれぞれの坐る瞑想、歩く瞑想、日常の瞑想、食べる瞑想、気づきの瞑想はボディスキャン瞑想、手動瞑想もあり、さらに慈悲の瞑想も入っています。すべてレベルを高くできるようになれます。

日常の訓練法、活用法も重視しています。例えば受講をはじめて2週間ほどで日常生活ですぐ集中や心を静めたり、ネガティブな思考から離れられるようになります。そうしながら瞑想の力も開発できます。

マインドフルネス瞑想の習得に最適な指導形式

私がミャンマーで修行して体験した本場の瞑想の指導法は、日本の指導とは違いがあり、おかげで私はとても高い効果・成果を、安全も確保されながら得ることができました。

この講座は、教材をいつでもどこでも学べるようにWebサイトにし、いつでもサポート指導を受けられることにして、それと同様にできるようにしました。

本場と同様に個人ごとの習得・上達を重視

瞑想の習得・上達は個人ごとにスピードや経過が全く異なります。取組む回数・量が違い、現れること、なる心身の状態など全く違います。それによって生まれる疑問も違います。

そのため学校のように複数の人が同時に同じことを学んで進めていく形式は適切ではないですが、本場以外、一般には学校形式で教えられています。

本場は一人ひとりの進展が大切にされます。この講座もそうしています。

本場のようなマインドフルネス習得の学習サイクルを実現

本場では、同じ場所で複数の人が瞑想もしますが、そのとき取組んでいるのは同じではなく、それぞれの人で違います。指導は別に個別にサヤドー(長老)から受けます。

個人別に
サヤドーから瞑想方法の指導をうける → それに取組む → サヤドーに取組みや状況を報告してチェック・アドバイスを受ける、次の瞑想方法の指導を受ける → それに取組む → サヤドーに…というサイクルで習得していきます。

この講座は、Webサイトとサポート指導で、同様のサイクルで学習することができます。

効果の高い確かなマインドフルネス瞑想を習得できる

マインドフルネス瞑想は、本来のものを特定の目的で加工したものが、さらに加工されてと、様々な方法があるようになりました。

そういうこともあって、効果をあまり得られない、本当の効果を得られない人が多く、瞑想難民になっている人も増えています。

そのため、マインドフルネス本来の瞑想法を求める人が増えるようになりました。

マインドフルネスの本来の瞑想法をしっかりマスター

この講座は、マインドフルネスの本来の瞑想方法をマスターできます。基礎から着実に力がつくプログラム、画期的な仕組みで、本場でマスターするレベルの瞑想方法まで効果的にできるようになります。

あなたはマインドフルネス本来の瞑想方法でマインドフルネス瞑想をマスターすることで、マインドフルネスの本当の効果を高く得られます。

良心的な料金設定の総合講座です

このように書くと他が良心的ではないようですが、世の中はオンラインセミナーなどで4、5回で4万円、5万円したり、食事の瞑想などだけで数回で3万円や4万円したり

回数にストレスネジメントの方法に含んで4万円以上の講座や、自律訓練法を含んで20万円以上する資格制度があったり…等々

本物のプロからここまで本格的に総合的に学べて

この講座は上記のメリットがあって、人生全般に多大なプラスの効果のあるマインドフルネス瞑想をすべてレベルを高く習得できます。そういう内容や質でこの料金でいいのかと言われますが、多くの人にマインドフルネス瞑想の本当の効果を得てほしいからです。

私は自らが大きく変われて大安心で幸福に生きられようになり、マインドフルネス瞑想が生きる上でいかに役立つか心底わかっているからです。

399円の入門コースもあります

正しくマインドフルネス瞑想に適切に安全に取組んで効果を得るためにはスタートが肝心です。それができずに多く人が、せっかくのマインドフルネス瞑想を無駄にしてしまっています。

なので入門コースをつくり399円としました。どんな講座を知っていただくためにも役立ちます。

コースの種類

無料の人門から、どのレベルの瞑想方法までマスターしたいかで、中級まで上級までを選べます。また指導者になるためのコースもあります。

入門コース(ステップ1)

ステップ1の内容をもとにした入門コースをつくって399円で公開しています。

なお、瞑想の実践的な取組みに早く入りたい人は入門コースからではなくて、中級コース、総合コース、指導者養成コースのいずれかから受講なさっています。

中級コース(ステップ1~5)

基礎から中級のマインドフルネスの瞑想までマスターできます。中級といってもこの講座内で上級に対してで、一般的に行われているマインドフルネス瞑想よりも効果的な方法をしっかりとマスターできます。

上級コース(ステップ6~8)

中級でついた力を土台に、本場で修行するレベルのマインドフルネス瞑想の瞑想方法まで効果的にマスターします。知識も技術も力も本格派のマインドフルネス瞑想家になれます。

総合コース(ステップ1~8)

基礎から上級まで。中級コースと上級コースをセットで受講申込みをする場合。受講がよりスムーズになり、受講料も別々に申込むより安くなります。

指導者養成コース

全ステップを自分自身がしっかりとマスターしながら、指導者になるための知識やノウハウもしっかりマンツーマンで学び、指導者としての力をつけます。

安心して指導できて、信頼される指導者になれます。指導者伝授としてのクオリティを守るため毎月の新規申込みは5名までとしています。

プログラムの詳細

8ステップのプログラムの詳細、テキストの主な項目を紹介します。

ステップ8までに学べること、マスターできる瞑想のレべル、瞑想方法の種類の豊富さは、一般のマインドフルネス瞑想の講座やセミナーではまずないものです。

本当のマインドフルネスの効果を得ることを目的として、有効な知識と瞑想方法を合理的に見事に段階的に配置して構成してあります。

そうして、初心者の人でも瞑想の技術と力が高くつき、自己変容も進み、本当のマインドフルネスの高い効果を得られるようになっています。

基礎編

本当のマインドフルネスの効果を得られるようになるために大事な基本知識の取得と瞑想実践の土台のスタート、基礎をつくります。

本当のマインドフルネスには、この知識をカン違いしているままでいるとなれませんし、知っていると取組みや方向を間違わずに進めます。

実践の基礎をつくっておけば、マインドフルネス瞑想の習得が円滑に質が高くできるようになります。しておかないとそうではなくなります。

step1

現在、ステップ1の内容は、入門コースとして399円で公開もしています → こちら

なお、瞑想の取組みに早めに取りかかりたい人は、入門コースからではなく、中級コース、総合コースまたは指導者養成コースで受講をはじめています。

本当のマインドフルネスになるための正しい知識の取得

本当のマインドフルネスの効果を得られるようになるには、マインドフルネス、マインドフルネス瞑想について、そのための理解をしっかりとしておく必要があります。

一般的に言われているマインドフルネスやマインドフルネス瞑想の意味やされているやり方・取組み方には不足や間違いがあります。

さらにリスクや注意点をはじめにきちんと知っておくことが大事です。

マインドフルネスの瞑想に取組む土台のスタート

瞑想をスムーズに取組め、正しい方向性での効果を高める日常の土台を開始します。一般には教えてもらえることはほとんどありませんが、この土台を心がけるかで差ができます。

マインドフルネスの瞑想に取組む準備

瞑想に取組むために必要なこと・必要ではないことがわかります。一般では無駄なことや弊害となることがされている場合が少なくありません。

<テキストの主な項目>
  • マインドフルネスとは 歴史から確認
  • 最近の状況とリスク、危険性
  • マインドフルネスの本来の本当の効果
  • マインドフルネスの理解の注意点(1~5)
  • マインドフルネスの本当の意味
  • マインドフルネスな本当の本来のあり方
  • マインドフルネス瞑想とは何か
  • マインドフルネスの瞑想に欠かせない働き
  • 必須の働きを確実に満たす瞑想法を
  • 本当のマインドフルネス瞑想とは
  • マインドフルネスの2種類の瞑想法
  • 2種類の瞑想法は鳥の両翼
  • 本来のマインドフルネス瞑想のやり方
  • マインドフルネスの瞑想と禅の坐禅の違い
  • 脳科学でのマインドフルネス瞑想の効果
  • 安全に確実に効果を得るために
  • 瞑想の取組みの留意・注意点(全般)
  • 瞑想に取組む時間の長さ
  • 禅病・魔境について
  • 自律訓練法やリラクゼーション法
  • 他者の誘導よる瞑想
  • 瞑想実践の日常の土台
  • 瞑想に取組む準備、必要な・不必要なこと

動画5本

step2

マインドフルネス瞑想の実践の基礎づくり

瞑想の実践を開始するとき、取組み方の基本的な型や基本を練習するかしないかで、習得のスムーズさや効果に大きな差が開きます。

坐禅、禅的な歩き方で基礎トレーニング

そこで奥は深いですが取組み方としてはシンプルなので、禅の坐禅・歩き方で、マインドフルネス瞑想の呼吸のし方、心の持ち方、坐る瞑想、歩く瞑想の基本を習得するとともに、瞑想に取組む習慣づけ、集中の取組みをはじめます。

坐禅は本格版、簡易版、寝た体勢での方法を学べます。一般的な説明以上にきちんと坐禅をできるようにもなれます。

日常の禅的な歩き方と禅の歩く瞑想の経行(きんひん)を学べます。なお日常の禅的な歩き方は今後ずっと日常生活で役立ちます。

慈悲の瞑想を大切にていねいに習得開始

そして、慈悲の瞑想をはじめます。慈悲の瞑想は心の安定、やすらぎなどのためにすぐれた効果があり、古来からマインドフルネスの瞑想とセットで取りくまれるものでもあります。

この講座では、慈悲の瞑想、他の瞑想がしっかりできるようになることを考慮して、慈悲の瞑想を4段階でマスターします。ステップ2はレベル1で最も重要な核の部分です。

<テキストの主な項目>

禅の坐禅・歩き方で基礎

  • 基本の呼吸方法の練習
  • 集中を助ける方法
  • 呼吸の状態の4種類
  • 禅 坐禅-本格版のやり方
  • 禅 坐禅-簡易版のやり方
  • 禅 寝た体勢でのやり方
  • 坐禅中の心の持ち方
  • 日常の禅的な歩き方
  • 禅の歩く瞑想 経行(きんひん)

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想とは
  • 慈悲の瞑想の効果
  • 慈悲の瞑想のやり方の基本
  • 慈悲の瞑想レベル1

<参考テキスト>

  • 呼吸を整える・集中を高める特殊訓練
  • 禅 坐禅の関連の作法
  • 坐禅の奥義書に見る坐禅のやり方
  • 道元禅師「普勧坐禅儀」全文
  • 慈経 原文と日本語訳

動画5本、音声ガイド2本

中級編

基礎編で取得した知識や瞑想実践の基礎が生かされ、本当のマインドフルネスの効果を得るために大事な集中の瞑想と気づきの瞑想を習得できます。

最も信頼できる方法である、根本の本来のマインドフルネスの瞑想の集中の瞑想のサマタ瞑想と気づきの瞑想のヴィパッサナー瞑想をマスターします。

集中の瞑想の取組みと力が気づき瞑想を効果的・安全にするので、まず集中の瞑想のサマタ瞑想の習得・取組みからはじめます。

step3

本来のマインドフルネスの集中の瞑想

呼吸集中瞑想のサマタ瞑想を習得する

最も呼吸集中をしっかりできる集中の瞑想のサマタ瞑想のアーナパーナを習得します。

アーナパーナの基本からはじめて、アーナパーナの坐る瞑想、日常で訓練する方法・活用する方法、歩く瞑想、食べる瞑想を学んでできるようになります。

日常で訓練・活用する方法はすぐでき日常生活で集中の力を開発できて、さらに日常生活で必要なときすぐ集中や心を静めたりネガティブな思考から抜け出せるようになれます。

良く生きるためのセットのマインドフルネスを学ぶ

近年のマインドフルネス瞑想は目先の利益達成の取組みになっていて適切でない効果・状態になるという研究報告がありますが、マインドフルネス瞑想は瞑想するだけでなく、日常において正しい方向性の効果・状態になる心がけや言動をすることが大事です。

そのために本来のマインドフルネス瞑想は仏教の八正道(はっしょうどう)というセットの文脈の中でします。

八正道は宗教的なものではなく、私たちが苦悩が少なく幸福に生きるための現実的・合理的なノウハウで、マインドフルネス瞑想をこのセットとして理解して取組むといっそうプラスの効果を得られるようになれます。

<テキストの主な項目>

サマタ瞑想のアーナパーナ

  • アーナパーナとは
  • アーナパーナのメリット/目的
  • アーナパーナの基本
  • アーナパーナ 坐る瞑想
  • アーナパーナ 日常の活用法
  • アーナパーナ 日常の訓練法
  • 呼吸を大切にしていきましょう
  • 心の静まり・集中の段階
  • アーナパーナ 歩く瞑想1
  • アーナパーナ 歩く瞑想2
  • アーナパーナ 食べる瞑想

八正道ついて

  • 四聖諦
  • 八正道の内容

動画4本、音声ガイド1本

step4

本来のマインドフルネスの気づきの瞑想

ヴィパッサナー瞑想の習得を開始

マインドフルネス瞑想のメイン、気づきの瞑想のヴィパッサナー瞑想の取組みに入ります。この講座はヴィパッサナー瞑想を中級編は簡易版、上級編は本格版です。簡易版としてますが、一般にされている以上にマインドフルネス瞑想を質が高く効果が高くできるようになれます。

サマタ瞑想としっかり違う取組み方ができることが大事ですから、まずサマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想の概要と違いを学びます。その上で、ヴィパッサナー瞑想はどのようにするものか説明してあります。効果も学ぶことで、より適切に取組めるようにしてあります。

そして、ヴィパッサナー瞑想の簡易版の坐る瞑想、歩く瞑想、日常の動作への気づき、食べる瞑想、関連する瞑想として気づきの開発の手動瞑想を学んで取組めます。

<テキストの主な項目>

ヴィパッサナー瞑想・簡易版

  • サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想の違い
  • 瞑想中の特異な現象で魔境に注意
  • ヴィパッサナー瞑想の気づきのし方
  • ヴィパッサナー瞑想で気づきをする効果
  • 坐る瞑想の基本
  • 坐る瞑想
  • 歩く瞑想1
  • 歩く瞑想2
  • 日常の動作への気づき
  • 食べる瞑想
  • 手動瞑想

動画5本、音声ガイド1本

step5

気づきのヴィパッサナーのボディスキャン瞑想を開始

2種類のボディスキャン瞑想を習得できます。いずれもヴィパッサナー瞑想のやり方を守り、効果の高いものです。

簡易版はマインドフルネスの気づきの力をとても高めやすく心身の癒しにも効果的で、日常の暮らしの中でできて、力をつけながら助かるようにもなります。

本格版は、全身の体の部位を細かく順に感じていくボディスキャン瞑想で、日本では京都や千葉で10日間の合宿で学ぶものと同等のものができるようになれます。

なお、本格版のようなボディスキャンは、この講座はこのステップまでに坐っていられる力や集中の力を養い、体の部位に注意を向けることもしてるのでしやすいですが、そうしないですると難しいです。

慈悲の瞑想をレベル2に

ステップ2からはじめている慈悲の瞑想をレべル2にします。瞑想だけでなく慈悲とは何か、どのように実践したらよいかも学べます。

<テキストの主な項目>

ヴィパッサナー・ボディスキャン瞑想

  • ボディスキャン瞑想の効果
  • 簡易版
  • 日常の活用法
  • 本格版レベル1
  • 本格版レベル2
  • 鋭く凝固した感覚や激痛などへの活用
  • トラウマのような記憶の癒し
  • 心身の現象と「気づき」

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル2
  • 慈悲とは
  • 慈悲の実践-無財の七施

動画3本、音声ガイド2本

上級編

マインドフルネスのための力の開発にひじょうに適し、高められて、心の浄化や脳の変化にもとても効果的で、智慧を会得できる可能性も高いヴィパッサナー本格版を習得します。

この本格版の方法は、日本では本場でのサヤドー(大長老)の指導とは違い、きちんとステップも踏まず、方法もとても安易に教えられています。

そのため、的確に効果の得られるように取組めて本当の効果を得られている人はとても少なく、心身の状態に異変が起きて困ることや瞑想難民になる可能性が高くなっています。

この講座では安全にしっかり的確にできるようになり、しっかり効果を得られるようにここまでのステップがあります。

step6

本来のマインドフルネスの気づきの瞑想

ヴィパッサナー瞑想の本格版の習得を開始

ここまでの取組みでできるようになってきたこと、ついてきた瞑想の力が、本格版を的確にできるようにしてくれて効果を確実に高いものにします。

さらに、このステップで詳細にやり方を学べ、他ではめったに学ぶことのできないレベルの理解もして、特徴ややり方の基本をしっかりと理解できます。

そしてまず、坐る瞑想をやり方を学んで取組みます。なお、歩く瞑想なども同時に本格版にしたい場合は、ステップ6と7を一緒に取組むようにします。

<テキストの主な項目>

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • ヴィバッサナーの気づきの対象
    四念処
    身随観
    受随観
    心随観
    法随観
    自分の外より内に
  • やり方の特徴
  • ラベリングのやり方
    タイミング
    使う言葉のコツ・種類
    使う言葉の例
  • 瞑想中の体の痛みなどの感覚と忍耐
  • 坐る瞑想の基本
  • 坐る瞑想
  • ボディスキャン簡易版のレベルアップ

動画3本、音声ガイド1本

step7

ヴィパッサナー瞑想の本格版の瞑想法を増やす

本格版を瞑想法を増やし、さらにきわめます。歩く瞑想、日常の動作への気づきと食べる瞑想の取組みをはじめます。これらは本場の修行ではとても重視されます。

このステップはレベル1です。歩く瞑想はレベル2にも取組みます。ますます気づきの習性・力が高くなり、マインドフルネスの瞬間瞬間への気づきができるようになれます。

慈悲の瞑想をレベル3に

そして慈悲の瞑想のレべル3をはじめます。

<テキストの主な項目>

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • 歩く瞑想レベル1
  • 日常の動作への気づきレベル1
  • 食べる瞑想レベル1
  • 歩く瞑想レベル2
  • 心の現象と気づきの細密さ・強さ
  • プロセスへの気づき

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル3
  • 慈悲を行う心の純粋性

動画4本、音声ガイド1本

step8

ヴィパッサナー瞑想の本格版をいっそうレベルアップ

日常の心への気づきに取組みはじめ、歩く瞑想をレベル3と4、日常の動作への気づきと食べる瞑想をレベル2にレベルアップ。

この取組み方によって、通常はなかなか気づけないレベルの自分の心の現象に気づけるようになり、マインドフルネスの力がいっそう高くなります。

より良い生き方をできるようになり幸せに暮らしていくには、日常の中で自分の心に気づけること、そして制御できるようになることが重要ですが、そのためにひじょうにプラスになります。

慈悲の瞑想の最終レベルアップ

慈悲の瞑想をレべル4にします。そのほか慈悲の瞑想について主語や文章の工夫や応用のし方も紹介しています。

講座の終わりに

ここまできたとき、あなたは講座に取組みはじめた頃とは段違いの力がつき、レベルの高いマインドフルネス瞑想を適切にできるようになれ本当のマインドフルネスな人になってきています。

よりいっそう取組んで究めていかれるように、効果や活用の仕方、さらに取組みを続けてレベルが高くなってくるとどのようなことが起きるのかを学んでおきましょう。また、今後どう取組んでいったらよいかの参考を説明してあります。

<テキストの主な項目>

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • 歩く瞑想レベル3
  • 日常の心への気づき
  • 歩く瞑想レベル4
  • 日常の動作への気づきレベル2
  • 食べる瞑想レベル2
  • 心身の現象と気づきの関係

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル4
  • 文章の工夫
  • 文章の応用
  • 慈悲の瞑想の元の慈経

さらに究めて活かしていきましょう

  • 日常と人生の助け・向上に
  • 癒す力に
  • 心の汚れへの対策に
  • 人として根本的・本質的に変化できる
  • ものごとの法則・道理の悟り

ヴィパッサナーによる洞察の智慧

  • 名色分離智
  • 縁摂受智
  • 思惟智
  • 以降の洞察智
  • 今後の取組み方の参考

動画4本、音声ガイド1本

受講者の感想

感想は別のページにしました。

受講の申込方法

ある企業から8万円で販売したいという申し出がありました。これだけていねいで本格的・総合的なプログラムは他にはないので、ぜひにということでした。お断りしました。

マインドフルネスの瞑想で安心・幸せに暮らせるようになってほしいのに、そんなに高額ではとても限られた人だけになってしまいます。それでは講座をつくった意味がありません。

この講座は、禅寺に幾度か通って、京都や千葉にある10日間の合宿に参加するなどして、さらにミャンマーなどまで行って修行するのと同じように本来のマインドフルネス瞑想をマスターできます。

それだけするとかなりの金額になりますが、同様の習得を自宅にいながら多くの人にしてほしいと願ってつくり運営しています。

コース

次のコースがあります。

  • ステップ1~5の中級コース
  • ステップ6~8の上級コース
  • ステップ1~8の総合コース
  • ステップ1~8まで指導者になるように学ぶ指導者養成コース

申込から受講開始までの流れ

下記の申込の種類を読んでどれを申込むかを決め、次に選んだ申込と受講料の支払手続をします。

お支払手続が済むと、受講用サイトの利用手続のメールをすぐに送ります。通常、お支払手続の当日または翌日には受講を始められます。

お申込の種類

指導者養成コース以外はサポート指導をセットにするか・しないかを選んでください。サポート指導は着実に習得するために役立ち重要ですので、セットにしてお得な料金にしました。

総合コースは、中級コースと上級コースを別々に申込むよりも5,000円安くなり、受講もスムーズにできます。

上級コースは原則として中級コースのサイトから申込めます。中級コースを受講せずに上級コースを受講したい場合は下記とは違う料金となりますのでお問合せください。

サポート指導セット無し

サポート指導はオプションで追加料金で受ける場合。オプション料金は、メールは1カ月回数自由で1万5千円、Zoomは1回40分で1万円です。

中級コース
  • ステップ1~5の受講用サイト
  • 21,800円
上級コース
  • 18,000円
総合コース
  • ステップ1~8、全ステップの受講用サイト
  • 33,800円

お得なサポート指導セット

着実に習得していただけるようにサポート指導をセットにしてお得な料金にしています。

期限なしで、オプションだと1カ月1万5千円のメールがずっと無料、1回50分1万円のZoomがずっと半額5千円になります。

中級コース
  • ステップ1~5の受講用サイト
  • 36,800円
上級コース
  • サポート指導のセットは中級コースから継続になります。
  • 18,000円
総合コース
  • ステップ1~8、全ステップの受講用サイト
  • 48,800円

指導者養成コース

→ こちら

お申込・お支払手続へ

お申込・お支払手続の方法の種類

決済代行会社の仕組みを使う方法と、直接、弊社に申込、銀行振込する方法があります。

決済代行会社のSTORESでのお支払は、クレジットカード、コンビニ決済、Paypal、楽天ペイ、PayPay残高でできます。クレジットカードの分割払が必要な場合は、お支払手続後に各クレジットカード会社のリボ払いで分割払をご利用ください。

決済代行会社の仕組みで手続き

下記の各手続をクリックすると、STORESでの手続の画面になります。

特価の特別サイトになっていますので、パスワード入力が表示されたら「596」と登録してください。講座名は「講座M」になっています。

お得なサポート指導セット
サポート指導セット無し

弊社へ直接の手続

弊社に直接、銀行振込をする場合は、下記のフォームからお申込みください。

お問合わせ

ご質問等ございましたらお気軽にお問合せください。

error: Content is protected !!