上級コースは上級編のステップ6~8です。ステップ6~8のそれぞれの概要とテキストの項目を紹介します。

上級編

マインドフルネスのための力の開発にひじょうに適し、高められて、心の浄化や脳の変化にもとても効果的で、智慧を会得できる可能性も高いヴィパッサナー本格版を習得します。

この本格版の方法は、日本では本場の僧によっても、本場の指導とは違い、きちんとステップも踏まず、方法もとても安易に教えられています。

そのため、的確に効果の得られるように取組めて本当の効果を得られている人はとても少なく、心身の状態に異変が起きて困ることや瞑想難民になる可能性が高くなっています。

この講座では安全にしっかり的確にできるようになり、しっかり効果を得られるようにここまでのステップがあります。

step6

ヴィパッサナー瞑想の本格版の習得を開始

ここまでの取組みでできるようになってきたこと、ついてきた瞑想の力が、本格版を的確にできるようにしてくれて効果を確実に高いものにします。

さらに、このステップで詳細にやり方を学べ、他ではめったに学ぶことのできないレベルの理解もして、特徴ややり方の基本をしっかりと理解できます。

そして、まず坐る瞑想のやり方を学んで取組みます。なお、歩く瞑想なども同時に本格版にしたい場合は、ステップ6と7を一緒に取組むようにします。

【テキストの主な項目】

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • ヴィバッサナーの気づきの対象
    四念処
    身随観
    受随観
    心随観
    法随観
    自分の外より内に
  • やり方の特徴
  • ラベリングのやり方
    タイミング
    使う言葉のコツ・種類
    使う言葉の例
  • 瞑想中の体の痛みなどの感覚と忍耐
  • 坐る瞑想の基本
  • 坐る瞑想
  • ボディスキャン簡易版のレベルアップ

動画3本、音声ガイド1本

step7

ヴィパッサナー瞑想の本格版の瞑想法を増やす

本格版を瞑想法を増やしさらにきわめます。歩く瞑想、日常の動作への気づきと食べる瞑想の取組みをはじめます。これらは本場の修行ではとても重視されます。

このステップはレベル1です。歩く瞑想はレベル2にも取組みます。ますます気づきの習性・力が高くなり、マインドフルネスの瞬間瞬間への気づきができるようになれます。

慈悲の瞑想をレベル3に

そして慈悲の瞑想のレべル3をはじめます。

【テキストの主な項目】

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • 歩く瞑想レベル1
  • 日常の動作への気づきレベル1
  • 食べる瞑想レベル1
  • 歩く瞑想レベル2
  • 心の現象と気づきの細密さ・強さ
  • プロセスへの気づき

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル3
  • 慈悲を行う心の純粋性

動画4本、音声ガイド1本

step8

ヴィパッサナー瞑想の本格版をいっそうレベルアップ

日常の心への気づきに取組みはじめ、歩く瞑想をレベル3と4、日常の動作への気づきと食べる瞑想をレベル2にレベルアップ。マインドフルネスの力をいっそう高めます。

より良い生き方をできるようになり幸せに暮らしていくには、日常の中で自分の心に気づけて制御できるようになることが重要ですが、そのためにひじょうにプラスになります。

慈悲の瞑想の最終レベルアップ

慈悲の瞑想をレべル4にします。そのほか慈悲の瞑想について主語や文章の工夫や応用のし方も紹介しています。

講座の終わりに

あなたはステップ1に取組みはじめた頃とは段違いの力がつき、レベルの高いマインドフルネス瞑想を適切にできるようになれ本当のマインドフルネスな人になってきています。

よりいっそう取組んで究めていかれるように、効果や活用の仕方、さらに取組みを続けてレベルが高くなってくるとどのようなことが起きるのかを学んでおきましょう。

また、今後どう取組んでいったらよいかの参考を説明してあります。

【テキストの主な項目】

ヴィパッサナー瞑想・本格版

  • 歩く瞑想レベル3
  • 日常の心への気づき
  • 歩く瞑想レベル4
  • 日常の動作への気づきレベル2
  • 食べる瞑想レベル2
  • 心身の現象と気づきの関係

慈悲の瞑想

  • 慈悲の瞑想レベル4
  • 文章の工夫
  • 文章の応用
  • 慈悲の瞑想の元の慈経

さらに究めて活かしていきましょう

  • 日常と人生の助け・向上に
  • 癒す力に
  • 心の汚れへの対策に
  • 人として根本的・本質的に変化できる
  • ものごとの法則・道理の悟り

ヴィパッサナーによる洞察の智慧

  • 名色分離智
  • 縁摂受智
  • 思惟智
  • 以降の洞察智

今後の取組み方の参考

動画4本、音声ガイド1本

受講した人たちの感想

講座の説明ページ

サイトロゴ