マインドフルネス、マインドフルネス瞑想は禅、坐禅に要注意

マインドフルネス瞑想の総合講座

低料金ですべてをレベルを高く網羅

ネットで自由な時間に本格的に学べて累計受講者数400人以上、海外の受講者も多数。指導者養成コースも有り。入門コース、今すぐ無料で体験

この記事は禅側の人にもマインドフルネス瞑想をしている人側にも反感をかうかもしません。でも、マインドフルネス瞑想の本当の効果を得られる人が増えてほしいので書きます。坐禅のことも大切に思っているので書きます。

例えば、マインドフルネス瞑想が流行するようになると「マインドフルネス瞑想は禅がルーツ、日本に逆輸入された」という言葉を見聞きするようになりましたが本当でしょうか。

違います。はっきり申しますが、私は禅僧として禅を修行して、マインドフルネス瞑想も根本から修行して、坐禅とマインドフルネス瞑想を指導している者ですが違います。

禅がマインドフルネス瞑想を侵食?

マインドフルネス瞑想が流行をしはじめたころは、禅宗側はなんだかマインドフルネス瞑想を低く見て、まがいもののような発信もしていました。

マインドフルネス瞑想の根本のヴィパッサナー瞑想をミャンマーで修行して素晴らしさを実体験した私は、そんなことしないでもいいのにと思っていました。

それが流行が本格化すると「マインドフルネス瞑想が禅がルーツ、日本に逆輸入された」と言うようにもなって、禅が流行に乗ろうとしているような感じとなってきました。

禅宗側が宗派で僧向けにマインドフルネス瞑想の講義を聞いたりなどもして、禅僧がマインドフルネス瞑想を教えるようにもなりました。

そして、マインドフルネス、マインドフルネス瞑想を禅、坐禅の考え方、やり方のように講座やセミナーをするようにもなりました。著名な僧によってもそれが行われるようになりました。

マインドフルネス瞑想側からも

また、ストレス緩和、医療系・心理療法系、ビジネス系にアレンジされたマインドフルネス瞑想をしていた人側も、禅宗側の流れと同化するような状況になってきました。

それは、それらの発端のマインドフルネスストレス低減法を開発したジョン・カバットジン教授に、禅の考え方を元にしているというような発言があるからでもあります。

余談ですが、ガバットジン教授は、曹洞宗の道元禅師のことをあげていますが、カバットジン教授が長年している禅は、曹洞宗とは違う韓国禅です。

マインドフルネス瞑想と坐禅は違う

さて、そうしてマインドフルネス瞑想を教えているような人の多くも、マインドフルネス、マインドフルネス瞑想を禅、坐禅まがいに教えるようになってきました。

マインドフルネス瞑想は坐禅とは違う

例えば、日本でマインドフルネス、マインドフルネス瞑想で多く使われているフレーズに「今ここに集中」がありますが、これはマインドフルネス、マインドフルネス瞑想を適切には表わしていません。

マインドフルネスストレス低減法の解釈や禅寄りに解釈したことなどから、こういうフレーズを使うことがされるようになったと思われますが適切ではありません。

マインドフルネス、マインドフルネス瞑想{に「今ここに集中」も大事ですが、それはメインではありません。詳しくは無料のWeb講座で説明していますが、メインは別です。

そのため、日本では、マインドフルネス瞑想をしていても、マインドフルネスの本当の効果を得られるている人はまれという状況になってしまっています。

<関連記事>

マインドフルネス瞑想のオンライン通信講座

累計受講者数400人以上。低料金、ていねいで総合的で詳細なプログラム・内容。2か月で本来のマインドフルネスの瞑想を着実にマスター。海外在住の人の受講も多い、自宅にいながら本場の修行のように習得できる、受講の期限なし…