マインドフルネス瞑想の究極講座 入門コース399円

受講者400人、満足度98%以上。人生が変わるレベルのマインドフルネスの効果を得られる本来のマインドフルネス瞑想を確実にマスターできるWeb通信講座。指導者養成コースも

マインドフルネスの本当の効果を高く得られるオンライン通信講座の決定版
ブログ記事

マインドフルネス瞑想を習う方法や効果に迷っていたら

マインドフルネス瞑想は流行して、爆発的にネットや本の情報が増え、教える人や場所も増え、講座やセミナーも膨大にあります。

そういう状況の中、マインドフルネス瞑想を間違えなく学ぶには習うにはどうしたらよいか、またするようになったけれども効果に満足が得られず悩んでいる人が増えています。

悩みを解決する、悩むようにならないで済むにはどうしたらよいか。

残念な昨今のマインドフルネスの世情

ネットや本、講座やセミナーなどて、ほとんど見聞きするのは、興味を持たせて引き込もうというような意図があるのか、良いことばかりのような情報です。

本当にそうなのでしょうか。違います。

マインドフルネスの効果を得られる人が少ない

本当のマインドフルネス瞑想で実現する本当のマインドフルネスは、日常の自分のありかたが根本的に変われて、毎日の暮らし、人生が本質的に変わる素晴らしい効果があります。

けれども、そういう効果まで得られている人は数パーセント、近年の医療や心理療法、ビジネスなどの目的で加工された目的すら得られていない人がほとんどなのが実状です。

マインドフルネス瞑想の危険にはまる人も多い

近年のマインドフルネス瞑想を近年の取組み方、習い方でするようになった人の一割近い人が、パニック障害、中には鬱病、不適切な状態になっているという科学的調査報告もあります。

適切なやり方の瞑想に、日常のあり方も含めた適切な取組み方を、適切な指導力のある人から学び習い、指導してもらいながら瞑想はマスターすることで、危険にはまることは避けられて、効果を得られるようになります。

残念になるマインドフルネス瞑想の世情

どうして、こんな残念な状況になってしまっているのか。

それは、そうなる原因が昨今、マインドフルネス瞑想を始めようとする人、できるようになりたいと思う人が、マインドフルネス瞑想を学ぶ習うときにあるからです。

マインドフルネス瞑想を学ぶ習う3大リスク

多くの人が効果を得られなくなっているのは、そうなる3種類のリスクが今はあるからです。

効果のない瞑想法を選ぶリスク

マインドフルネス瞑想は近年、特定の目的のために様々にやり方が変えられ別のものもつけられてきました。流行に乗じ全く違うものまでそうだと言うようにもなってきました。

そのため本当の効果は得ることはできないやり方に取組んでしまうリスクがあります。一般にされているやり方には本当の効果を得られないどころか弊害のあるものもあります。

ほとんどの人はそういうことを知らず、一般に出回っているものをそのままそれでよいと受け入れてしまっています。

確実に効果を得られる瞑想法を選ぶことが大切

本当のマインドフルネスの効果を得るなら、そのためにふさわしいやり方の瞑想法を学ぶこと、習うことが欠かせません。

そもそもマインドフルネスの本当の効果、マインドフルネスとは本当はどういうことなのかも知らなかったり、勘違いしている人が多いので残念です。

これらのことや、どういう瞑想法がふさわしいのかの詳細は無料のWeb講座で詳しく説明しています。必要でしたらご利用ください → こちら

力の低い人から教わるリスク

流行してマインドフルネス瞑想を教える人は急激に増えました。

残念ながら、本やネットで情報を仕入れたり多少のセミナーで学んで、いくらか取組んで、人に教えている人も少なくありません。

正しい瞑想法に徹底的に取組んで、多くの様々な体験をして、大きな変化、効果・成果まで得られて教えている人はほとんどいないのが実状です。

そのため、しっかりできるようにはなれない、本当の効果を得ることはできない人から習うことになるリスクが高いのが実状です。

しっかりレベルの高い人から教わることが大切

マインドフルネス瞑想をマスターするのは、スポーツや武道などをマスターするのと同じです。ビアノをひけるようになるのとも同じです。

それらを本やネットで情報を得てできるようになろうとしても限界があります。マインドフルネス瞑想は実際に自分はほとんどしていない人の情報も盛りだくさんです。

スポーツや武道、ピアノは、しっかり正しい学び方・習い方をして、しっかり取組んで多くの経験をして、本当の効果・成果を高く得ている人でなければ、本当の効果・成果を得られるようには人には教えられません。

マインドフルネス瞑想もそうですが、そういうことにこだわらずに、情報や人・場所を選んで教わってしまう人がほとんどです。

どんな人から学ぶ習うべきか注意点とは

本来のマインドフルネス瞑想は、本場ではトップレベルの達成者だけが教えるものです。そういう人から習うことは可能ですし、そうする努力はしたほうが、時間もお金も無駄にならずに済みます。

次の点に気をつけることが大事です

  • その人は、どんな人や場所で、どういうようにマインドフルネス瞑想を習い、どれほど取組んできていて、どんな効果・成果まで得ている人か。これができるだけレベルが高い人を選ぶようにします。
  • 理論的な知識の多さや近年の流行的なことに対する情報通であることに惑わされない。知識よりも、しっかりした瞑想にどれだけ取組んで高い効果・成果を得ているかが重要です。
  • 職業や肩書きに惑わされない。例えば坐禅をする坊主だからといってマインドフルネス瞑想が正しくできるわけではありませんし、メンタルヘルスや医療、心理療法関係者だからといって、それ向きのマインドフルネス瞑想を教える力量があるとも限りません。

知識の多さ、情報通か、職業や肩書きなどではなく、1番目の気をつけること、その人の瞑想の実践、得ているレベルに注目することが重要です。

レベルの高い人ほど低料金の場合もある

そして教わるのに、例えば、本来のマインドフルネス瞑想を本場まで行って修行した人だからといって、そうでない人よりお金がかかるわけではありません。

逆にそうでない、流行に乗って教えるようになった人の講座やセミナーなどのほうが高額な場合が多いものです。

例えば、弊社の代表の森信人は、坐禅を修行し、マインドフルネス瞑想は根本の瞑想法を本場のミャンマーで修行もした人ですが、弊社の講座はそうでない人のものより、ひじょうに格安です。

いろいろな人はいますが、修行までして高い効果・成果を得たレベルの人はそんなに高額で教えようとは考えなくなります。

力はつかず危なくもある教わり方をするリスク

スポーツも武道もピアノも習うとき、入門からはじめて、基礎、中級、上級と順に進みます。随時、先生のサポートも必要です。

マインドフルネス瞑想も本当にできるようになるには同じです。しかし、そうされていることはほとんどありません。ものすごく簡易に安易に教えられています。

そして、それに疑問を持たずに教わるので、本当にはできるようになれない、力がつかない人が多く、効果を得られない、危険な状態になっている人も少なくありません。

瞑想の力は総合的・段階的につけるもの

スポーツや武道やピアノなどで、一部のことだけ教えて終わり段階を踏まずに教えることがあるでしょうか。マインドフルネス瞑想はそのように教えられていることが多い。

本当の全体からするとごく一部のことだけを教えて終わりだったり、いっそくとびに上級のことをかいつまんで教えていたり…

例えば、慈悲の瞑想・思いやりのエクササイズ、食事の瞑想・イーティングエクササイズ等だけで、数回で数万円もする講座やセミナーがあったりもします。

マインドフルネス瞑想の根本の瞑想法の国の僧すら、日本では本場とは違って、段階を踏まずない教え方をしています。

マインドフルネス瞑想をマスターしてマインドフルネスの本当の効果を得られるようになるためには、それにふさわしい段階的なプログラムで教わる必要があります。

総合的に、入門、基礎、中級、上級と上達にあわせ段階をふんで教われる習い方をすることが大事です。

瞑想の習得はある程度の継続的な期間をかけるもの

総合的・段階的に教わるには、2カ月などある程度の継続的な期間が必要です。単発の数時間や数日間、短い期間では、瞑想の力はつきません。しかし、そういう教え方か多く、そういう教わり方をしている人が多い。

瞑想の力はしだいにつくもので、つけていく力には合理的に適切な段階がありますから、その力をつけるのに適切な瞑想方法を順に教わり取組んでいきます。

例えば、マインドフルネス瞑想は大きくわけると集中の瞑想と気づきの瞑想があり、この2種類それぞれをできる力を高くすることが、本当のマインドフルネスの効果を高く得るための秘訣です。

そして、気づきの瞑想がスムーズに効果を高く安全にできるようになるには、集中の力が高くなっている方が良いですから、先に集中の瞑想を学び取組むことが適切です。

集中の瞑想、気づきの瞑想それぞれに座る瞑想、歩く瞑想、日常の瞑想、食べる瞑想などがあり、気づきの瞑想にはボディスキャンなどもあります。

マインドフルネスの本当の効果を高く得るためには、これらを学んで取組みますから、ある程度の継続的な期間が必要です。

個別のサポート指導もあるのが適切

総合的・段階的に教えていない、ある程度の継続的な期間をかけるプログラムにもなっていない教え方が多いわけですが、個別のサポート指導が継続的にある教え方となると、まずほとんどありません。

でも瞑想は特に取組むと人それぞれ様々です。どんなに文章、言葉、映像で伝えても、実際にしてみると、適切にできていない面がでてきたり、カン違い、思い込みもおきます。

また、瞑想により様々なことが心身に現れるようにもなります。時には不思議な体験のようなこともあります。また一時的に不調な状態にもなります。

そういうときに、それらに対してそれぞれに適切な対応をすることで、安全に、よりいっそう瞑想の力を高められるようになれます。

ですから、マインドフルネス瞑想の根本の瞑想法の本場のミャンマーなどでは、その僧院のトップクラスのサヤドー(長老)が定期的に個別にサポート指導をしてくださいます。

良い学び方・習い方がお金がかかるわけではない

教わる人の注意点でも書きましたが、例えば本当にマインドフルネス瞑想を修行して高い効果・成果を得ている人は、そのため必要なことを知っていますから、一部のことを教えてたくさんお金を取ろうとは考えません。

そもそも一部のことだけ教えてということもしません。また、ちゃんと段階を踏む必要性も実体験で知っているので、そのように教えます。

さらに期間をかける必要性も熟知していますし、絶対に個別にサポート指導があったほうが良いことも知っています。ですから、そうできるように教えます。

そして、自分自身が瞑想によって得た素晴らしい、ありがたい効果・成果があり、利他心も高くなっているので、そんなに高額にして講座やセミナーなどはしないものです。

今はネットの活用して本場のように習得できる

効果を得るために適切な必要な瞑想法が全て網羅されている、ある程度の期間をかける総合的・段階的なプログラムで、個別のサポート指導も受けられる。

期間をかけるとき、その期間の学びをできるのか、決められた日時の都合をつけられるかという問題がありますが、それは講座やセミナーの仕組み、システムの工夫しだいです。

ネットを活用すれば、その問題も解決して、本場のような学び方、習い方、教わり方で、マインドフルネス瞑想をしっかりとマスターして、マインドフルネスの本当の効果を高く得ることができます。

参考 比較検討の材料に役立ててください

受講するか・しないかは別にして、このような講座もあると、参考に瑞雲の講座の紹介のページをご覧になってみてください。3分位で済みます。

これだけの質、仕組み、内容、プログラム、これだけの種類の瞑想法、レベルまで学べてマスターできて、こういう料金の講座もあると参考にしてください。

また、30項目以上、動画6本の入門編は無料になっています。

マインドフルネス瞑想の究極講座 入門コース399円

受講者400人、満足度98%以上。人生が変わるレベルのマインドフルネスの効果を得られる本来のマインドフルネス瞑想を確実にマスターできるWeb通信講座。指導者養成コースも

マインドフルネスの本当の効果を高く得られるオンライン通信講座の決定版
この記事のシェア
瑞雲瞑想関連サイト
error: Content is protected !!