マインドフルネス瞑想の究極講座 入門コース399円

受講者400人、満足度98%以上。人生が変わるレベルのマインドフルネスの効果を得られる本来のマインドフルネス瞑想を確実にマスターできるWeb通信講座。指導者養成コースも

マインドフルネスの本当の効果を高く得られるオンライン通信講座の決定版
ブログ記事

慈悲の瞑想で「私」が主語の文章が一番重要は本当?

慈悲の瞑想は心の中や声に出して文章を唱えます。そして、インターネットなどで様々な情報があり、文章の中の「私」を主語にする文が最重要で土台という情報もあります。

でも、「私」を主語にして慈悲の文を唱えることに違和感を感じる人がいます。私は多くの人を指導してきて、そう感じる人がいることをよく知っています。

そして、こういう情報があることは慈悲の瞑想をしたくてそう感じる人にとっては気になることです。実際、どうなのでしょう。解説します。

本当はどうかの検証


「私」が主語のある慈悲の瞑想というので代表的なのは次の文章のものです。

いくらか文言を変えている場合もありますが、この文を主語を「私」「私の親しい人々」「生きとし生けるもの」「私の嫌いな人々」「私を嫌っている人々」の順で唱えます。

幸せでありますように

悩み苦しみがなくなりますように

願いごとがかなえられますように

悟りの光が現れますように

本当はどうなのでしょうか。

「私」を主語にして唱えることが最も大事な点なのでしょうか、土台なのでしょうか。

お答えします。一番重要なこともお教えします。

「私」を主語とした文が重要なのかどうか、いくつかの面から検証してみましょう。

慈悲の瞑想の本場の文章では

慈悲の瞑想は、スリランカやミャンマーなどの上座部仏教が守り実践してきた仏教の瞑想の1つです。

次の関連記事の慈悲の瞑想のやり方・方法で上座部仏教の文章を3種類紹介していますが、1つには主語が複数あり「私」を主語とする文があります。もう2つにはありません。

<関連記事>

関連記事からその2つを再掲します。

ゴエンカ式の文章

すべての人びとが、苦しみから解放されますように

真の平安、真の調和、真の幸福を享受することができますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

(参照 日本ヴィパッサナー協会)

チャンミェ・サヤドーの文章

すべての生命が幸せで安穏でありますように

すべての生命が憎しみや敵意から逃れられますように

すべての生命が病気や危険から逃れられますように

すべての生命が心と身体の苦しみから逃れられますように

ゴエンカ式もチャンミェ・サヤドーも大変由緒がありますが、「私」が主語という文はありません。つまり「私」を主語にすることは必須ではありません。

慈悲の瞑想の元「慈経」からも違う

慈悲の瞑想には「慈経」という元があります。

次の関連記事に日本語訳、原文も紹介してありますが、慈経から考えても「私」を主語にした慈悲の文を読まなければならないということにはなりません。

<関連記事>

そもそも仏教は

仏教の基本中の基本の原理の一つは「諸法無我」で永遠な固定的な実体のものはないで、仏教で重要なのはそういうものである「私」ということへの執着から脱することです。

また自らが救済される前に、まず他を救済するという「自未得度先他」の言葉もあります。

そういう仏教で、自分ファーストで、「私」を主語にして自分が幸せにるように等と唱えることが一番重要、基礎と考えるでしょうか。

法蔵菩薩がどんな誓願をして阿弥陀仏となられたかも、ご存知な人は考えてみると良いのではないかと思います。

心理学などからの発想?

思うに、慈悲の瞑想の文で「私」が主語の文が基礎、最重要と言っているのは、心理学などで自己肯定感が基盤であるということからの判断ではないでしょうか。

「自分を愛せない者は人を本当に愛することはできない」等と言われることもありますが、そのようなことからの発想ではないでしょうか。

まとめ

以上のように、慈悲の瞑想をいろいろな主語がある文章で取組むとき、「私」が主語が最重要、基礎ということはありません。

核は「生きとし生けるもの」

慈悲の瞑想の核は「生きとし生けるもの」が主語の文です。

関連記事から転載した2つの文は「すべての人びと」「すべての生命」と訳されていたりしますが、要は「生きとし生けるもの」です。慈悲の瞑想の元「慈経」を見ていただいても「生きとし生けるもの」という言葉が出てきます。

そして「私」も「私の親しい人々」も「私の嫌いな人々」「私を嫌っている人々」も生きとし生けるものです。

ブッダの瞑想のマインドフルネス瞑想の根本のヴィパッサナー瞑想、サマタ瞑想などに取組み続けていると、分け隔ての意識がなくなりワンネスな世界観を持つようになります。

工夫をすればだいじょうぶ

もしも「私」を主語にする文も唱えたい場合は、やり方があります。

また、慈悲の瞑想は他の瞑想と共に取組みますが、その瞑想との関係で取組む方法があります。

<参考 関連記事まとめ>

マインドフルネス瞑想の究極講座 入門コース399円

受講者400人、満足度98%以上。人生が変わるレベルのマインドフルネスの効果を得られる本来のマインドフルネス瞑想を確実にマスターできるWeb通信講座。指導者養成コースも

マインドフルネスの本当の効果を高く得られるオンライン通信講座の決定版
この記事のシェア
瑞雲瞑想関連サイト
error: Content is protected !!