オンライン坐禅・瞑想会 実践会の内容

坐禅やマインドフルネス瞑想のしかたをご存知な人が取組みを実践をするための会です。

皆さま、主に次のためにご利用になられます。

  • インターネットでも、同時に一緒に座ることは、互いを高め合うことになります。
  • 坐禅、マインドフルネス瞑想を習慣として取組むため。
  • 一日を清らかな気持ちではじめるため。

なお、坐禅、マインドフルネス瞑想のしかたを学びたいときは、次のご利用をご検討ください。

各会の開催要領

禅寺の朝の坐禅会と同様に沈黙の場です。どのような瞑想方法で瞑想するかは各自の自由です。

1回30分。原則として毎日6時30分~

実際の開催日時は週によって変わることがありますので、毎週末に次の週の開催をメールでお知らせします。

参加費は無料です。気の向いたときにでもお布施をいただけると助かります。ご寄付(お布施)

参加者登録

次のフォームで参加者登録をしていただけますと、開催日時と各回のZoomのURlを、毎週末にメールでお送りします。

各回の会の進行

途中からの入室、途中での退出も自由です。

参加したい日時になりましたら、メールに記載のURLリンクをクリックしてください。Zoomの画面になります。ホスト(瑞雲信人)が入室すると開始になります。参考:Zoomの使い方

それぞれの会の進行は次の通りです。

  1. 瑞雲信人からのご挨拶
  2. 「生きとし生けるものに、してしまった悪い行為をお詫びします。ごめんなさい」と唱えます。※唱えたくない人は唱えなくてもかまいません。
  3. 「生きとし生けるものに、生かされていることに感謝します。ありがとうごさいます」と唱えます。※唱えたくない人は唱えなくてもかまいません。
  4. 瞑想の開始の合図がなります。
    3回、チーン、チーン、チーンと鈴(りん)がなります。3回目が鳴り終わるまでに坐相(坐る姿勢)などを決め、3回目がなったら動かないようします。
  5. 25分たったら瞑想終了の合図がなります。
    2回、チーン、チーンと鈴(りん)がなります。
  6. 「生きとし生けるものが幸せでありますように」と3回唱えます。※唱えたくない人は唱えなくてもかまいません。
  7. 般若心経を読経します。よろしければご一緒にどうぞ。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました