慈悲の瞑想の重要知識 慈悲は四つの心の四無量心で

仏教は慈悲が大事とされています。また慈悲の瞑想が流行するようになってきています。

では「慈悲」とは? 多くの人があいまいなまま「慈悲」という言葉を使っています。あなたは慈悲を正しく理解しましょう。

【関連記事まとめ】

慈悲は四無量心のセットです

正しい慈悲の心づかい、言動をするために、お釈迦様は教えてくださっていました。それが「四無量心(しむりょうしん)」です。慈悲は四無量心のセットです。

四無量心は慈悲の瞑想で唱える文の元でもあります。慈悲の瞑想は四無量心を知っていると、知らないよりも意味のある取組みになります。

四無量心とは

重要なことは、慈悲は四無量心という4つの心のセットだということです。

お釈迦様の教えに最勝の心の「四無量心」、4つの心をあらゆる人に制限なく分けへだてなく持つようにとあり、4つは「慈・悲・喜・捨」(じひきしゃ)です。

それぞれの意味は次になります。

  • :あらゆる人に友愛の心、安楽を与えようという心を限りなく起こす
  • :あらゆる人の苦しみをなくしてあげたいという心を限りなく起こす
  • :あらゆる人の喜びを自分の喜びとして喜ぶ心を限りなく起こす
  • :あらゆる人に無条件で差別なく、かたよりなく、平静な心を限りなく起こす

私たちは実際はどうでしょう。この四無量心のセットとして考えるとどうでしょう。

自分が不快に思う人や反感を感じる人に対してどうでしょう。自分に対しマイナスの言動をした人や自分の立場をおびやかしそうと思う人、邪魔と思うような人にはどうでしょう。

そうではない人に対するようにいられているでしょうか。

慈悲、慈悲喜捨はすべて分け隔てなく「あらゆる人」です。捨でさらに「無条件で差別なく、偏りなく平静な心」です。

たとえば、SNSなどでもそうですが、自分の投稿に異見をコメントする人を排除したり

多くの場合、私たちは自分が自分の快・不快で反応して、反応のままの評価・判断をもとに言動していることに気がつかずにいます。そうして分け隔てをします。

そんなことあたりまえ。そうしてどこが悪いと思うかもしれませんが、「慈悲」が大切と言いながらそうしていたら、いただけません。

自分の心の動き、言動に気づく

マインドフルネスが流行するようになりましたが、マインドフルネスとはお釈迦様の教えからのことです。今この瞬間この瞬間の自分の心と体に正しく気づいているということです。

お釈迦様はそうなって生きられるようになりなさいと説き、そうなれるようにマインドフルネスの瞑想を教え導いていました。

私たちは、もし慈悲を大切にするなら、自分の心の動きに気づくようにして、自分が今している判断、言動は四無量心「慈・悲・喜・捨」としてどうなのかと気づくようになることが大切です。

気づき、修正し、慈悲を実践する

そして、あるゆる人に対して無条件に差別なく「慈」の友愛の心、安楽を与えようという心を限りなく起こす、「悲」の苦しみをなくしてあげたいという心を限りなく起こす、「喜」の人の喜びを喜びとする。

「捨」の無条件で差別なく、かたよりなく平静な心を限りなく起こすようにしていきます。

慈悲の瞑想は四無量心の瞑想

お釈迦様が生きておられたときからあるのが慈悲の瞑想です。

慈悲の瞑想の効果を息子で十大弟子だったラーフラに次のように説明しました。

  • 慈の瞑想を深めれば、どんな憎しみも消えてしまう。
  • 悲の瞑想を深めれば、どんな残虐性も消えてしまう。
  • 喜の瞑想を深めれば、どんな不満も消えてしまう。
  • 捨の瞑想を深めれば、どんな怒りも消えてしまう。

慈悲の瞑想は瞑想としては1つのものです。でも「慈悲」は四無量心の「慈・悲・喜・捨」の4つの心でセットですから4つとして説明しました。

そして、慈悲の瞑想は心の中や声に出して文を唱えますが、その文は四無量心の4つで構成されています。

四無量心と慈悲の瞑想の文章の関係性

たとえば、スリランカの僧のスマナサーラ長老も唱えている慈悲の文は、次のように四無量心の4つの心に符合した4行のパターンになっています。

唱える4行のパータンを主語を「生きとし生けるもの」とした文は次です。

  • 生きとし生けるものが幸せでありますように
  • 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
  • 生きとし生けるものの願いごとがかなえられますように
  • 生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

次にこれを分解して、上に四無量心の意味、下に文を並べて比べてみましょう。

<1行目>

  • :あらゆる人に友愛の心、安楽を与えようという心を限りなく起こす
  • 生きとし生けるものが幸せでありますように

<2行目>

  • :あらゆる人の苦しみをなくしてあげたいという心を限りなく起こす
  • 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

<3行目>

  • :あらゆる人の喜びを自分の喜びとして喜ぶ心を限りなく起こす
  • 生きとし生けるものの願いごとがかなえられますように

この行は、あらゆる人々の喜びを自分のことように喜ぶことを、人々の願いごとがかなうようにと念じるということになっています。

<4行目>

  • :無条件で差別なく、かたよりなく、平静な心を限りなく起こす
  • 生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

この行は、あらゆる人に無条件で差別なく、かたよりなく、平静な心が限りなく起きるのは悟りの道であると、悟り光を得ることを願うことになっています。

まとめ

慈悲の心、慈悲の言動の実践は、他者のためというばかりでなく、自分自身の安楽で幸せな人生のためでもあります。

ぜひ、四無量心の知識で、四無量心での慈悲を実践していきましょう。また、慈悲の瞑想をするときは四無量心の理解の元で取組みましょう。

そして、今この瞬間この瞬間の自分の心に気づいている人になるために、マインドフルネス瞑想の根本のヴィパッサナー瞑想またはヴィパッサナー瞑想にきちんと準拠している近年のマインドフルネスの瞑想もあわせて取組みましよう。

【関連記事まとめ】

【参考記事】

無料中にご利用ください

マインドフルネス無料講座

マインドフルネスの本当の効果を得るために欠かせないこと、瞑想のやり方がわかります。注意もわかります。

マインドフルネスをはじめる人にも、している人にもとても喜ばれています。