瑞雲信人のプロフィール

瑞雲の代表の瑞雲信人です。しんじんとお呼びください。

瑞雲(ずいうん)は、仏教ではめでたいこと・善いことの起きる兆しに現れる紫色や五色の雲のことで、人々を苦しみから救い幸せに導くという思いが込められた名前です。

得度式で板橋禅師と

私を僧にしてくださった曹洞宗の元管長(一番トップの人)の板橋興宗禅師がつけてくださいました。そうありたいと願っています。

カウンセラー、コーチングコーチでレイキヒーリングのティーチャー。マインドフルネス瞑想の原点を本場のミャンマーでも修行したマインドフルネス瞑想の指導者です。

私の指針

慈悲の瞑想を毎日して、次の文を唱えています。この文にあることが私の願いで、そのために心を養い言動しようというのが私の指針です。

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが苦しみから解放されますように
生きとし生けるものが喜びに包まれますように
生きとし生けるものが差別や偏りがない平静な心でいられますように

特に尊敬、敬愛している人

  • 祖母と2人の祖母の妹
  • 20代の頃の上司だった鶴田さん、40代の頃に講師にしてくださった高畑さん
  • お釈迦様
  • 板橋興宗禅師、良寛さん、盤珪さん、親鸞さん
  • 聖フランチェスコ、マザー・テレサ
  • 上杉鷹山、キング牧師、ガンジー

家族

娘と猫たち

サスケとニッカとムギ

主な経歴

次のような経歴があります。

  • 群馬県前橋生まれ
  • <20代>
  • 慶応義塾大学法学部法律学科卒
  • 就職し、TSUTAYAを全国展開させるなどの新規事業や業務改善、年商500億円の経営戦略などを次々に担当し成功させる
  • <30代>
  • 独立起業し、テレビゲームフト・ハードの単独としては日本一の小売チェーンや、飲食店、ブティックなど様々な業態の店舗を開発して経営、4年で年商7億円を達成する
  • <40代>
  • 離婚をして三歳の娘と二人暮らしになり鬱病となり、娘の養育を続けるか会社の経営を続けるかの選択となり会社を閉め、鬱病を抱え幼い娘とふたり極貧の生活をおくる
  • カウンセリングを独学しセルフカウンセリングの方法を考え出し、以前に身に着けていたレイキヒーリングと共に実行して、意識を陰から陽に転換し鬱病を乗り越える。同時に引寄せが起こり一本電話があって6日後に研修講師になる
  • 人財開発研修を企業や、防衛省、都庁や全国の県庁・市役所、国立大学、教師塾等で実施。人財開発・経営コンサルタント会社を起業する
  • カウンセラー、コーチングコーチの資格を取得し、個人対象のカウンセリングとコーチングのセッションも開始
  • <50代>
  • 政令都市のマネジャーとして業務改革、事業開発を担当
  • 上記の仕事の任期終了と娘の大学進学が同時で、娘の大学の石川県金沢市に転居して3カ月ほどたったある日、聞いた観音菩薩の前世の話しに心を打たれ僧になる決心をする
  • 禅宗の曹洞宗の元管長(トップ)の故板橋興宗禅師様に僧にしていただき、禅師様の元で僧堂修行生活をおくる
  • お釈迦様の瞑想のヴィパッサナー瞑想に興味を持ち、日本でゴエンカ式を習得。さらに本格的なマハーシ式をミャンマーに行き修行
  • ヴィパッサナー瞑想は仏教のマインドフルネス瞑想で、帰国するとマインドフルネス瞑想が流行しはじめていた。近年に流行のマインドフルネス瞑想を習得
  • 人々が苦悩を軽減し幸せになる支援をするための瑞雲を起業。このサイトをスタート

お問合わせの方法

次のフォームをご利用ください。